プログラミングと仕事

プログラミングでフリーランスとして独立する方法

プログラミングを仕事とするプログラマーは、クライアントから依頼されてコンピューターで動かすシステムやソフトウェアを開発する仕事です。フリーランスとして独立をしたいと考えているならば、必要になるのはプログラミングの技術と知識を学ぶだけではいけません。なぜならば、クライアントから仕事をもらうためには、クライアントが希望するものを的確に把握したり、自分の持っている能力をアピールすることができるコミュニケーション能力が必要だからです。

一応、プログラミングスクールで学んだあとに、すぐフリーランスを名乗って仕事を探すことは出来ます。でも実績もない人を信用して、仕事をくれるほど甘い世の中ではありません。時間の短縮は出来ますが、下手をすれば仕事がないまま年月が経過してしまいます。

堅実にフリーランスとして独立した仕事をしたいのであれば、どこかのプログラミングスクールで学んだあとにどこかの会社に就職をすることです。そこで知識と経験を積んで、客観的に能力をアピールできるようになるまで待ちます。そして何年かの実務経験を積んだのちに、フリーランスとして独立をするのです。こちらは就職をしている間に、給料をもらって蓄えができますし、その間に信頼関係を築いた顧客を得れば、独立後に得られる収入もある程度は見込めます。でsからこちらのほうがリスクは少ないです。

どうしても就職をせずにいきなりフリーランスになりたいというのであれば、クラウドソーシングサービスなどで募集している小さな仕事を少しずつやって経験と実績を積んでいくのが一番です。仕事のクオリティでクライアントを満足させることが出来れば、直接仕事をくれるようになるかもしれません。またそうした小さな実績でも、数をこなしていくことでエージェントサービスに登録することができます。エージェントサービスでは担当のスタッフが、最適な仕事を選んで紹介してくれるので、能力不足で悩むことはありません。